楽天モバイルの評判と口コミ│話題の格安スマホを比較!

格安スマホで話題の楽天モバイル、この楽天モバイルの評判や口コミをまとめました。格安スマホへの乗り換え・MNPを検討中の方は、契約前にMVNOの評判をチェック!

楽天モバイルのチェックポイント

格安スマホや格安SIMを取り扱っている会社の中で楽天モバイルがあります。docomo・AU・Softbankなどからの乗り換えであれば、月々のスマホ代がかなり安くなることも期待出来る格安スマホです。月々1,250円で利用できる格安SIMが話題の楽天モバイル。docomo回線を利用している楽天モバイルは、通話品質、サービスエリアもNTTドコモの利用時と全く変わりません。さらに、楽天モバイルを使用している間は楽天市場で買い物をするとポイントが倍になるのです。さて、いきましょう!楽天モバイルのおトクキャンペーン情報から、料金プランの詳細解説まで、楽天モバイルのメリット・デメリット踏まえ、ご紹介していきます。

docomo回線を使った格安スマホサービス

楽天モバイルの通信回線は、docomoと同じ回線を利用しています。ですので、通話の品質はNTTドコモと比べてもなんら変わりはありませんし、サービスエリアもNTTドコモと同じ範囲をカバーしているので、つながりにくさを心配する必要もありません。ドコモのスマホなら、ほとんどの機種で楽天モバイルでそのまま使えちゃいます。スマホをお持ちでない方やこれを機に機種変更をされたい方のために、楽天モバイルはセットでの販売も用意しています。ドコモのスマホを使っている人であれば、SIMカードだけで契約することができますので、新しく端末を購入せずに利用できるようになります。そんな楽天モバイルをざっくり一言でいってしまうと、高品質な通話品質、広いサービスエリアを持つドコモと同じサービスを格安で受けられる非常にお得な格安スマホ、格安SIMなのだといえるでしょう。

格安スマホの機種がたくさん!

現在、楽天モバイルの対応対象外のスマホを使用している場合には、楽天モバイルで使えるスマホを新規に買う必要があります。楽天モバイル対応のスマートフォンは楽天モバイルで買うことができ、他のMVNOに比べてとても豊富な機種を取り揃えてくれているのでとてもありがたいです。また、スマホだけでなくタブレットも豊富に取り揃えているため、お気に入りの端末を見つけることができるでしょう。ただ気をつけていただきたいのは、それは、分割で支払うときは楽天カードでしか支払えないということです。楽天カードを使わなければ、端末代の支払い方法は、セット販売を申し込んだ後に一括払いでということになります。MNNOの中でもNo.1を誇る機種の多さです。

あまったデータ通信量のくりこしに対応

契約されているプランによってデータ転送量や容量が決められていますが、データ使用量が少なくて、余ってしまう月もあると思います。そういった場合に楽天モバイルでは、使用せずに残ったデータ容量を翌月に加算してお使いいただけるようにしました。残ってしまったデータの容量を翌月に繰り越素ことが出来ないMVNOもあるので、データ容量を持ち越せるという点では、楽天モバイルの大きな武器でもあります。余ったデータ通信量を無駄なく利用できる格安スマホを利用したいものですね。

通話代がお得になる、楽天でんわ

楽天でんわとは、通話料金が半額になるというものです。プレフィックス型通話サービスなので、IP電話とは異なり、電話を受けた側に発信番号がしっかりと通知されるのです。相手側に通知される電話番号は、もちろんいつも使っている電話番号です。ですので、相手からしてみるといつも通りの着信と何も変わらないので安心して電話に出てくれます。IP電話のほとんどは、発信者番号が通知されなかったり、050の番号が相手に表示されるので、けっこう使いづらいです。しかし、楽天でんわですと、とても使いやすくなっています。また、楽天でんわでかかる通話料も楽天ポイントの加算対象になりますので、更におトクですね。つい最近ですが、キャリア同様の通話し放題サービスが開始に。

5分電話し放題開始

au・docomo・softbankといった大手キャリアには通話し放題のプランがありますが、最近話題になっているMVNOのそのほとんどは、通話し放題プランは提供していません。MVNOは使いたいけれど、通話をすることが多いから通話料が高くなるのでは?と、MVNOを諦めていた方に朗報です。月々850円で利用できる、国内通話の最初の5分間が何度でも無料になるというオプションが楽天モバイルに登場しました。この「5分かけ放題オプション」で使用しているのは一般的な電話回線であるため、電話回線を利用している他の電話と同じように、発信者の電話番号を相手に通知する“発信者番号通知”のサービスにも対応しているので、今までの電話と変わりなく使えて、通話し放題になるという大きな魅力があります。NifMoの話し放題サービスの多くは、電話番号が通知できないということが多いと言われています。楽天でんわをご利用ならば、通話料金は1分間約22円ですので、一回の電話はおよそ5分以内で用件だけ伝えたら電話を切ってしまうが、用件を伝える回数が多い(特に、通話時間の合計が一ヶ月あたり43分以上になる)という人にはかなりお得なオプションといえますね。

初月は無料は嬉しい

楽天モバイルのSIM契約を行うと、はじめの1ヶ月はタダで使えます。最初の1ヶ月というのは、SIMカードやスマホ本体が届いた日を含む月を指します。到着日次第ではほぼ一ヶ月間無料にすることもできますね。しかし、今現在利用しているスマホを解約するには手数料などの事も考えなければならないので、必ずしも月初に購入するのが良いというわけではありません。よく検討してみてください。

楽天モバイルのインターネット速度について

楽天モバイルのネットワークは、ドコモの4G回線を採用したサービスとなっています。速度については、さすがはdocomo回線。安心の速度と言えそうです。ドコモと同じ回線なのに、お値段が破格なのは、楽天モバイルのとても魅力的な部分ですね。楽天モバイルをはじめとした、格安スマホ・MVNOは、今後どんどん人気が出るのではないでしょうか。

楽天モバイルの通信制御に関して

どのMVNOにおいても一緒ですが、私どもと契約していただいた方が気持ちよく同じ通信環境でやりとりできるように、データ通信量が多すぎる利用者には、速度制限を適応しています。使いすぎの判定には直近3日間に行ったデータの通信量が用いられ、所定の容量をオーバーしたことが判明した利用者は、200Kbpsまで通信速度を落としてしまうことによって、全体の通信環境を適切に維持しています。直近3日制限は、データ通信の使用量が規定の容量を下回れば、自動的に制限が解除されます。利用量が通常の範囲であれば、制限の対象になることはまずないと思われます。各プランの規定容量 3.1GBプラン=540MB/3日 5GBプラン=1GB/3日 10GBプラン=1.7GB/3日

楽天モバイルの月額プラン

楽天モバイルの料金プランは次のようになっています。現在お使いの月々の携帯料金と比較してみて、今よりもどれくらい料金が安くなるか見ていただければと思います。どれだけ安くなるのか、月額費用と初期費用をチェックしてみましょう。

料金プランと初期費用

楽天モバイルの月額プランは、今話題の格安SIMは、大きく分けてデータ専用SIMと、音声通話可能SIMがあり、料金も異なります。通話SIMには070/080/090番号が使えるというメリットがあるので、今使っているスマホと同じような使い方をしたい場合は、SIMはデータ専用ではなく、必ず音声通話付きのものを選んでください。音声SIMの料金プランは、低速使い放題のベーシックプランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円です。

データSIMの料金は、低速使い放題プラン:525円、3.1GBプラン:900円、5GBプラン:1,450円、10GBプラン:2,260円となっています。

ベーシックプランは、低速使い放題のプランとなっており、その他のプランはdocomoの高速LTE回線(225Kbps)が使えるプランです。購入に必要なイニシャルコストはたったの3,240円。あと費用がかかるしたら、端末が必要な人に対してその端末代金になります。

楽天モバイルの解約違約金

楽天モバイルの解約制限に関して、まとめましたので、ご紹介します。データ通信専用SIMを利用する場合は、最低利用期間は特に決まられていません。例えば初日に解約したとしても、解約手数料は発生しません。一方で、音声通話SIMについては、最低利用期間『12ヶ月間』が設定されています。12ヶ月が経つ前に解約を行なった場合は、違約金として9,800円が必要になりますのでご留意ください。キャリア会社のように利用期間毎に自動更新されないので、13か月以降に解約した場合は、違約金が掛からないというメリットがあります。

【期限間近】楽天モバイルのキャンペーン情報