楽天モバイルの評判と口コミ│話題の格安スマホを比較!

格安スマホで話題の楽天モバイル、この楽天モバイルの評判や口コミをまとめました。格安スマホへの乗り換え・MNPを検討中の方は、契約前にMVNOの評判をチェック!

mineoの料金に関する評判

   

mineoスマホのチェックポイント

mineoをご存知ですか?音声通話、スマホをセットにしたMVNOで、その安さが売りです。月々のスマホ料金を節約したい場合、他のキャリアからの乗り換えをするとかなりの料金低下が見込める格安スマホサービスです。mineoは月額1,310円という安さが売りの格安SIMです。mineoは日本で初めてのマルチキャリアMVNOであり、docomo回線を使うプランとAU回線を使うプランを提供していることで知られます。docomoやauと同じ電波エリアや音声品質で利用できるので、とてもお得なサービスですね。mineo?という方の為に、mineoのキャンペーンやプラン変更まで、すべてをまとめてみました。少しお付き合い頂ければと思います。

docomoとdocomo・AUの基地局を利用したMVNO

mineoはMVNOの1つで、auやdocomoと同じ回線を使ってサービスを提供しています。通話も高音質でキャリアとほとんど変わりませんし、対応しているサービスエリアもキャリアと全く同じです。SIMフリーの機種は当然使えますが、そうでないSIMロックの機種でも、docomoの機種を持っているならばドコモプランならばそのまま使えますし、auの機種を持っているならば、auプランでそのまま使うことができますから、わざわざ新しいスマホに買い換える必要はありません。機種代がかからないというのは大きいですね!もちろん、セット販売されている格安スマホを購入することでも利用できます。安心の通信品質の大手キャリアの回線をそのまま格安で使えますし、契約はdocomoとauの回線を自ら選択できるようになっているので、好みに合わせてみましょう。両プランの月額料金には若干差がありますので、この点も踏まえて比較検討してみてはいかがでしょうか。

VoLTEプランも用意

mineoといえば、VoLTE対応プランがあるとして話題になっています。今までの通話の品質よりも、VoLETの方がさらに良質で、日本ではNTTドコモが2014年から提供を始めた新しいデータ通信技術です。今までの通話方式では、周波数、300Hz~3.4kHzの音のみ拾えました。一方、VoLTEでは、50Hz~7kHzまでの音声を感知できるようになっています。つまり、この広帯域のカバーにより「聞き取りやすい」高品質な通話環境を実現しているのです。これはmineoの大きな魅力の一つでもあります。

容量くりこしに対応

なお、mineoについては、データ通信量の翌月への繰越もできるため毎月のデーター使用料が異なる方でも、気にすることなく利用できて安心ですね。

mineoスイッチでデータ量圧縮!

mineoには、mineoスイッチというものも用意されていて、通信の速度を高速モードと低速モードの間で自由に切り替えられます。必要以上にデータ容量を消費せずに済むので、便利な機能ですね。自宅や外出先のWi-Fiとmineoを上手く組み合わせて利用すれば、さらに安いプランでの契約で済みます。毎月のスマホ代を安くできる方法の一つだと思います。

mineoの回線速度

ここではmineoのデータ通信速度について紹介していきます。docomoの回線を利用したプランは、225Mbpsの高速回線で、au回線においても、AU 4G LTEの最大225Mbps回線なのです。サイトの口コミなどでも話題になっていますが混雑している時間帯は、キャリアで契約している方が、断然通信速度は速くなります。通信速度を気に掛ける方であれば、キャリア契約を選ばれる方が良いでしょう。とはいっても、料金面での安さを考えるとかなりお得ですから、総合的に考えても、かなりコスパ・満足度の優れたサービスだと思います。

マイネオ AU回線プラン3日間制限に関して

mineoの場合、契約している全ての方々が快適な通信が利用できるよう、多くのデータ通信を利用したユーザーには、速度制限をしています。具体的には、直前の3日間に使ったデータの容量がシステム側にチェックされていまして、定められた量以上のデータを通信したユーザは、通信の速度にリミットがかかります。直近3日間の利用量が、決められた値よりも下がれば、自動で解除されます。変な使い方をしなければそうそう引っかかることはありません。各プランごとの規定容量は設定されておらず、AU回線プランは、各プラン共通で、直近72時間で3GBが規定値に設定されています。

mineo Dプランの3日間制限

mineoのドコモ回線のプランでは、直近72時間の通信量においては、3日制限はございません。動画を沢山見る日もあれば、全く見ない日もあるなど、日毎の通信量の変動幅が大きい方は、AUの回線を使うプランよりも、このドコモ回線のDプランの方が、3日間規制にとらわれずに安心して利用できると思います。その辺りも検討してから、どちらのプランが適しているかを選択しましょう。

mineo料金と初期費用

キャリア選びには料金プランや回線速度が重要となりますが、mineoではどのようになっているのか説明します。現時点の毎月のスマホ料金と照らし合わせつつ、どの程度の料金を節約することができるのか、ご参考にして頂きたいと思います。それでは、mineoの料金プランを見てみましょう。

mineoの月額費用

mineoのプランは、SIMはデータ通信専用SIMと音声通話付きSIMの2つに分かれます。音声通話機能付きのSIMだと、090や070、080の番号の普通の携帯電話の番号が使えるので、従来の携帯電話と同じように使いたい場合にはデータ専用SIMでなく、音声通話SIMを選択する必要があります。音声通話SIMの月額プランは、Aプラン(AU回線)が500MBで1,310円、1GBで1,410円、3GBで1,510円、5GBで2,190円、10GBで3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで1,400円、1GBで1,500円、3GBで1,600円、5GBで2,280円、10GBで3,220円となっています。

データSIMの料金プランは、Aプラン(AU回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円となっています。

mineoの最低利用期間

mineoの最低利用期間と解約違約金、契約する前に、把握しておいてください。mineoは最低利用期限が無いというは、MVNOの中でも珍しく、解約を行ったときに違約金を用意する必要がありません。この様なサービスがあると、金銭的にも格安SIMを試し易くなるので、mineoはサービスと品質に自信があるのでしょう。解約金フリーってとっても嬉しいMVNOです。ただ、契約後1年以内で「MNP転出」をしようとする場合だけは12,420円のMNP転出手数料が必要となります。音声SIMをお使いになる場合は、このことだけ注意しておいてください。

【期間限定】キャンペーン

 - 楽天モバイル評判